医薬品の治療とレーザー治療、スキンケアにはどっち?

スキンケアに関しては、いろいろな方法があります。
そのひとつが医薬品を使ったものです。
医薬品に関してはとても種類が多く、例えばビタミンやミネラル、コラーゲンなどの直接摂取することで肌にも体にも良い成分を摂取できる飲むタイプの治療薬や、ニキビ治療のためのディフェリンゲルや保湿のためのヘパリン類似物質を配合したクリームなどもあります。このようなクリームや飲むタイプの医薬品は処方薬もありますが市販でも取り扱っており、サプリメントなど非常に色々なところで手に入れやすいのが特徴です。種類も豊富で、美肌やスキンケアを考えると特に幅広い種類から選べるというメリットが有るでしょう。ただし効果はゆるく、継続する必要性があります。
もう一つはレーザー治療で、これは肌にレーザーを当てることにより肌に一時的に細かいダメージを与え、その後に回復させることで綺麗な肌になるという効果があるものです。また、種類によっては肌表面を綺麗に薄くピーリングすることでその下にある綺麗な状態の肌を露出させたり、ターンオーバーを促進したり、色素を分解して取り除くなど、いろいろな効果があります。価格はちょっと高めですが、最先端技術を使うことでスキンケアや肌の状態を改善することに特化しています。非常に効果が高く、ずっと使っている人も多いやり方です。ただし医師の正しい診察が必要ですし、レーザーのシステムが有る場所まで行かなくてはならないためいつでもどこでもできるというわけではありません。
スキンケアに関しては、特に継続的に行う必要があります。こまめにしたり習慣にしてしまえば手間でもありませんから、医薬品でのスキンケアも悪く無いでしょう。そして肌の状態になにか起こった時にレーザー治療、というのが一番効果的なようです。

ページの先頭へ戻る